遊びながら学ぼう!!♪ The Power of playful learning!!
CONCEPT 1

お問合せ・お申込み

Smile 'n' English

〒308-0051

茨城県筑西市岡芹901

TEL 0296-25-5625

E-mail  info@smile-n-english.jp

URL http://smile-n-english.jp

日本人の9割以上の人が中・高で英語を学んでいます。なのになぜ英語を話せる人が少ないのでしょう?

それは中学・高校で習う英語と、実際に使える英語は別物だからです。

Smile 'n' Englishでは入試や点数を取るための英語ではなく、コミュニケーションの道具としての英語を身につけます。

中学・高校で習う英語はどうしてすぐに忘れてしまうのでしょう?
それは頭で覚えているからです。自転車に乗ることや泳ぐことなどは一度覚えると一生忘れません。それは身体で覚えているから。

Smile 'n' Englishではアクティビティやゲームを通して身体で、自然に英語が身につけられるようカリキュラムされています。

どんなに頑張って覚えても、英語が嫌い、楽しくない…では元も子もありません。

Smile 'n' Englishでは遊び(アクティビティやゲーム)またクラフトや歌など楽しい活動を通して自然と口ずさめるようになる事を目標としています。

生きた英語 身体で 覚える とにかく 楽しい!!

英語の知識(例えば語彙力や文法など)を持っていてもそれを運用できなければコミュニケーションは取れません。

そのため、単語を覚えるよりもセンテンス(文)で覚え、間違っていても少しずつマネをして発語します。この感覚は小さい頃に、より身に付きやすいと言われています。

それによって英語の感覚を肌で感じ、身につけて行くことを目指しています。

知識よりも 感覚
聞く力を 育てる

"Hello, my name is〜." と言えたとしても、相手が言っていることが分からなければそれに応える事は出来ません。

逆に相手の言いたい事が分かれば、たとえジェスチャーでも応える事ができるのです。なので、まずは発話力よりも聞く力がとても大事です。

そのため、全クラスALL ENGLISHで対応しており、聞く力が鍛えられるよう、設定されています。

CONCEPT 2

レッスンは全クラス(ベビー、サタデークラスを除く)90分です。

少し長過ぎると感じられる方もいらっしゃるとは思いますが、耳が英語に慣れるには少し時間が掛かります。30分〜45分のレッスンでは耳が慣れた頃にレッスンが終了となる為、英語が身に付きにくいと考えます。

90分でもフリープレイ(自由遊び)の時間やトイレ休憩、おやつタイムなど、子どもたちが飽きないよう、また負担が少ない様カリキュラムされていますのでご安心ください。

90分
カリキュラム
少人数制

Smile 'n' Englishのカリキュラムは、年齢に応じて楽しみながら効率よく英語が身に付けられる様、設定されています。

英語圏では誰もが知っているマザーグースや童謡、チャンツ(詩をリズムをつけて読むもの)やポップミュージック等も取り入れ、教材は厳選されたものをレベルに応じて使っています。

全米幼児教育学会(NAEYC)に加盟し、そのカリキュラムも取り入れており、少人数制で生きた英語に触れられる環境づくりをしています。

またモンテッソーリ教育やシュタイナー教育の概念も取り入れています。

Smile 'n' Englishでは各クラス3名〜6名、最大8名でレッスンを行っております。安全性の確保はもちろんですが、一人一人の個性を把握した上でのレッスン展開を試みるため、また通って下さる生徒さん一人一人が確実に学んで頂くためでもあります。

ALL ENGLISH

子どもは人のまねをするのが大好き。

何気ない言葉でもまねをします。

ALL ENGLISHでレッスンを展開することにより、教科書やCDには載っていないちょっとした表現が身に付くことを目指しています。(トラブル時等はもちろん日本語でサポート致します。)

英語力はもちろんではありますが、グローバル社会の中ではその他にコミュニケーション力・発想力・想像力・問題解決力など、様々な『力』が必要となってきます。

ゲームやアクティビティ、またクラフトなどを通してそんな『力』も一緒に育む様、カリキュラムされています。

英語力だけ でなく
英語を話すのに 才能はいらない!!

英語が苦手と思われている方も多い事でしょう。でもそれは始める時期・学び方・環境が悪かっただけです。英語圏で育てば、誰でも英語が話せる様になります。でもここは日本…

でも大丈夫!!感覚や聴覚の鋭い小さい頃にぜひ始めてみて下さい!!大人の想像をはるかに超えた子ども達の成長が見られます。

5歳の壁

英語を聞き取るのには、5歳の壁があると言われています。

赤ちゃんは生まれた時は全ての言語を聞き分けられると言われています。しかし、生まれて7〜8ヶ月頃までに母国語の選別が始まり、その後必要のない言語の聞き取り能力は少しずつ消滅し、7歳頃までには完全に失われてしまうと言われています。

つまり7歳以降に始めると、7歳以前で始めた子よりもだいぶハンデが付いてしまいます。ぜひ早いうちに始めてみて下さい!!

伝える喜び 伝わる喜び

現在では、通信教育の英語教材などもたくさんあり、どれもがとても良い物ではあります。しかし、レッスンはいつも一方通行…子ども達は伝える喜び、伝わる喜びを知りません。それらの喜びを知ると、語学力は驚くほどに伸びます!!それは、元々人の言葉は人に伝えるためにコミュニケーションの道具として生まれたものだから。

ぜひお教室でしか味わえない体験を肌で感じてみて下さい。余裕のある方は、通信教育を併用してみても良いと思います。

おやつ

"Snack time!!" です。アクティビティの一環として取り入れています。

食は生活と密着していますので、子ども達の目も輝き、関連した言葉を覚えるのも早いです。

長い90分レッスンの合間のひと休みでもあります。ただ、アクティビティの一環でお腹を満たす目的ではありませんので、ご了承下さい。

CONCEPT 3
幼児から始めて 欲しい理由
英語を始めて 欲しい理由

2歳から英語なんて早すぎる…そう思われる方も多い事でしょう。

それは中学・高校の勉強を想像しているから。

幼児から始めるのは、小さい頃にしか吸収できない音やリズム、イントネーション等があるからなんです。

 

年齢に応じて学ぶものが変わってきます。

音やセンスが小さい頃に身についていれば、

語彙力や文法力は中学・高校でいくらでも伸ばせますし、応用力もついてきます。

例えばピアニストやスポーツ選手、芸術家になれる確率はほんの数パーセント。それも遺伝的な才能による所がかなり大きい様です。

しかし、医師や弁護士、会社経営者になると、ぐっと確率は上がり、誰でも勉強し努力すれば目指せる領域に近づいて来ます。それには学力が必要。そして現在ではどんな道に進むにも英語力は邪魔にはなりません!!

CONCEPT 4

モンテッソーリ教育とは、19世紀にイタリア初の女性医師となったマリア・モンテッソーリが確立した教育方法です。

「すべての子供は自分の中に成長に必要な〈生命力〉を持っており、適切な時期に適切な環境が与えられれば、「自ら成長する」ということが中心となる考えです。乳幼児期のみに現れる特別に感受性の強い期間「敏感期」に目、手、体を使って集中できる環境をサポートする事で、子供たちの持つ本来の力を最大限に引き出します。

この時期に培った集中力や自発性は、成長し、勉強や仕事をする時にも発揮されます。

モンテッソーリ 教育とは

シュタイナー教育とは20世紀はじめ、ドイツの哲学者ルドルフシュタイナーの人間学を基にした教育です。

「自由への教育」とも呼ばれ、やわらかい印象の環境の中で、多くの自然素材を使って遊びながら学びます。

ここでの「自由」とは、世の中の動きに惑わされる事なく、自分で考え、行動できるという意味であり、自己本位ではなく、より良い人間関係を築き、自分の責任を自由に果たしていける人間になることを目標としています。

どの子供たちも持っている「自ら生きていく力」を人間の内側の深い所から育てていくような教育です。

そして自分の心に向き合う静かな時間を大切にします。

シュタイナー 教育とは

海外に出る事、外国人と話す事がグローバルではありません。

人は皆、違っていて当たり前。そこでお互いを理解し合うのが真のグローバル社会です。

日本はもはや島国ではなく、どんどん外国の企業や人々が日本に入ってきます。また、日本からも海外に進出して行く人や企業がますます増えていくことでしょう。

そんな中で『生き抜く力』が特に日本人には必要となってきます。それは英語力だけでなく、コミュニケーション力、発想力、柔軟性、自発性、多様性、問題解決力、応用力、順応性、表現力など様々です。

当教室では、その礎となる力を育む事を全力でサポートして行きます。

英語力はコミュニケーションのツールです。その先にある力も一緒に伸ばして行きましょう!

グローバル 社会とは

Copyrights(C) 2015 Smile 'n' English All Rights Reserved.